1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 22:28:07 ID:.QabfUpM
リヴァペトです
若干見切り発車ですが、
そんなに長くはならない予定です
no title

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 22:30:04 ID:.QabfUpM



私が任命された特別作戦班の指揮官、
もとい、
我が調査兵団の兵士長は
まったくもってよく分からない人だ。

人類最強と囁かれている一方で、
極度の潔癖症を患っている。

常に無表情。
感情を表に出すことは滅多にないが、
寡黙かと思いきやそうでもない。

清潔な見目とは裏腹に、
口から出る言葉の遣い方は宜しくない。

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 22:32:59 ID:.QabfUpM


ご多分に漏れず、
当初思い描いていたイメージと全く異なるその人となりに、
私も思わず戸惑ってしまったことは否めない。

けれど、
世間で噂されているような完全無欠の英雄は、
想像していたより人間的で、
とても情が深く、不器用で、
でも魅力的で。

私はもっともっと知りたいという衝動に駆られた。

多分、これが、多くの兵士が彼に抱く
憧れや尊敬というものなのだろう。

そう思っていた。

ただの憧憬なのだと。

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 22:34:04 ID:.QabfUpM


けれど、
彼に直接指名され、
彼の班への配属が決まった時の
あの胸の高鳴りは。

絶対に憧憬だけのものではない。

つまり、その、
私がリヴァイ兵士長に抱いている感情は

いわゆる、
恋というものなのだと思う。



----------

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 22:35:06 ID:.QabfUpM


ハンジ「やっべえええええ!!!!」

モブリット「ど、どうしました分隊長!?」

ハンジ「こ、この報告書…リヴァイにずっと渡し忘れてた…!!!」

モブリット「ええええええあんたまたですか!!!;;」

ハンジ「あああどうしよおおおぉ!!!」

ハンジ「怒られるかなぁ~?怒られるよねぇ~モブリット?」チラッチラッ

モブリット「私は引き受けませんよ!さっさと渡してきてください」

ハンジ「なぁあああそんな殺生なあああぁあああ」ギャアアア

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 22:36:58 ID:.QabfUpM

ハンジ「む!」ハッ

ハンジ「ペトラーーーーーーーッ!!!」

ペトラ「え?」

ペトラ「あ、ハンジ分隊長」

ハンジ「ちょうどいいところにっ!!」

ペトラ「どうされました?」

ハンジ「あのねっ、この書類をリヴァイに渡して欲しいんだっ」

モブリット「ちょ、分隊長…!」

ペトラ「えぇ、かまいませんよ」

ハンジ「ありがとおおお!ちょっと今手が離せなくてさぁ~愛してるよペトラ!」

ペトラ「ふふ、私もです分隊長。では行ってきますね」

ハンジ「ありがと~!」


------

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 22:38:12 ID:.QabfUpM



コンコン

ペトラ「兵長、いらっしゃいますか?ペトラです」



シーーーーーン



ペトラ(あれ…今日は非番だから部屋にいらっしゃると思ったのだけど…)


ペトラ「いないのかな…」


ガサッ


ペトラ「ん?」

ペトラ(なんか裏庭の方から音が…)


---

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 22:39:20 ID:.QabfUpM


ペトラ「裏庭は誰も立ち入らないところよね…」

ソーッ

ペトラ「!?」

ペトラ「わぁ……綺麗………!」

ペトラ(なんでこんな所に、こんなに沢山の花が…)

ペトラ「………全然知らなかった」

リヴァイ「ペトラか」

ペトラ「わっ!」ビクウッ

ペトラ「へ、兵長!?」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 22:41:08 ID:.QabfUpM

ペトラ「す、すみません勝手に裏庭へ…」

リヴァイ「別にかまわないが」

ペトラ(兵長…水差しを持ってる…)

ペトラ(まさか…兵長が花に水を…?)

リヴァイ「何か用か?」

ペトラ「あ、は、はい!」

ペトラ「ハンジ分隊長に、これをお渡しするよう頼まれまして…」サッ

リヴァイ「……チッ」

リヴァイ「あのクソメガネ、今頃こんなもの出しやがって…」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 22:42:47 ID:.QabfUpM

ペトラ「そ、それでは私はこれで失礼します!」

ペトラ「お休みのところ、邪魔してしまい申し訳ありませんでした」ペコッ

リヴァイ「……」

リヴァイ「…見ていくか?」

ペトラ「へっ?な、何を…」

リヴァイ「花のことだ」

ペトラ「えっ…」

リヴァイ「興味がありそうに見えた」

ペトラ「い、いいんですか?」

リヴァイ「ああ」


---

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 23:02:52 ID:SHE6IDA.
期待

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 20:44:46 ID:IKlrqLOk
>>12
読んでいただきありがとうございます!
今日も少しずつ書いていきます

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 20:46:18 ID:IKlrqLOk



ペトラ「本当に、色々な花がありますね」

ペトラ「まるでお花屋さんに来たみたいでワクワクしちゃいます」

リヴァイ「気に入ったものがあったなら、持っていっていい」

ペトラ「へっ!?」

ペトラ「あ、ありがとうございます…!」ペコッ

リヴァイ「……」

ペトラ「……あの、兵長は」

ペトラ「花が…お好きなんですか?」

リヴァイ「………」

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 20:47:42 ID:IKlrqLOk

リヴァイ「……これは、死んだ奴らへ手向けるためのものだ」

ペトラ「え…」

リヴァイ「………」

ペトラ「………」

ペトラ「……その、種から育ててらっしゃるのですか」

リヴァイ「……いや、」

リヴァイ「それでは追いつかねぇから、蕾のなっている苗を買って、水をやっているだけだ」

ペトラ「……」

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 20:49:54 ID:IKlrqLOk

リヴァイ「蕾がひらいたら、一輪ずつ切って、壁の外へ手向けに行く」

リヴァイ「…といっても、端から見れば投げ捨てているだけのように見えるだろうが」

ペトラ「……」

ペトラ「………知りませんでした」

リヴァイ「……言ってなかったからな」

リヴァイ「知っているのは……エルヴィンとミケと、ハンジくらいか」

ペトラ「……」

ペトラ(もしかして…見たらまずかったのかな……)

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 20:53:06 ID:IKlrqLOk


ペトラ「…あっ、あの!」

リヴァイ「なんだ」

ペトラ「…私、誰にも言いません」

リヴァイ「………」

リヴァイ「……察しが良くて助かる」

ペトラ「……」

ペトラ「でも、あの……」

ペトラ「もし、可能でしたら…」

リヴァイ「?」

ペトラ「…また、見に来てもいいですか?」

リヴァイ「……」

リヴァイ「…ああ」


---

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 20:58:55 ID:IKlrqLOk


ペトラ(やばい、どうしよう…)

ペトラ(ドキドキがおさまらない……)


エルド「?どうしたペトラ、そんなところでボーッとして」

ペトラ「えっ!?」

グンタ「具合でも悪いのか?」

ペトラ「う、ううん、大丈夫!いつも通りだよ!」

オルオ「お前らには分からないのか?分からないだろうな。それは俺への恋わずら…

ペトラ「うるさいオルオ舌噛みきって死ね」

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 21:06:29 ID:IKlrqLOk


ペトラ(………)

ペトラ(……また一つ、)

ペトラ(知ることができた……)


知れば知るほど、
胸が高鳴って。

たったそれだけで、
嬉しさが募って、

泣きそうになる。

これが恋というものなのか。


----------
-------
----

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 21:07:54 ID:IKlrqLOk
思っていた以上に少女漫画っぽくなってきてしまいました…
一旦離れて1時間後くらいに戻ります

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 22:29:28 ID:IKlrqLOk



ペトラ「兵長は、花にお詳しいんですか?」

リヴァイ「……いや」

リヴァイ「名前すら知らねぇな」

ペトラ「……そうでしたか」

リヴァイ「…ただ、詳しくはねぇが」

リヴァイ「花を見ているのは、悪くない」

ペトラ「……」

リヴァイ「…こんな風に」

リヴァイ「ただ、水と日光があれば咲く」

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 22:30:42 ID:IKlrqLOk

リヴァイ「時々枯れることもあるが……」

リヴァイ「巨人共と違って、分かりやすいだろう」

ペトラ「………」

ペトラ「…兵長、今日はなんだかよく話されますね」

リヴァイ「…馬鹿言え、俺は元々結構喋る」

ペトラ「…ふふ、それもそうでした」

ペトラ「……」

ペトラ「…あの、兵長は」

ペトラ「花言葉って、ご存知ですか」

リヴァイ「花言葉?」

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 22:32:41 ID:IKlrqLOk

リヴァイ「聞いたことはあるが、よくは知らねぇな」

ペトラ「実は私、結構詳しいんです」

ペトラ「亡くなった母が、花を育てるのが趣味で…」

リヴァイ「……」

リヴァイ「…この花は、何というんだ」

ペトラ「えっ?」

リヴァイ「…名前じゃなくて、その花言葉とやらだ」

ペトラ「あ、ああ…それは」

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 22:34:14 ID:IKlrqLOk

ペトラ「………」

ペトラ「えっと……その……」

リヴァイ「…?」

リヴァイ「…何だ、言ってみろ」

ペトラ「……【復讐】…です…」


シーーーーン


ペトラ「あっ、で、でも、【騎士道】という意味もあります…!」

リヴァイ「………」

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 22:35:30 ID:IKlrqLOk

リヴァイ「…どちらにせよ、」

リヴァイ「手向けの花としては向かねぇな」

ペトラ「す、すすすみませんっ!!わ、私が余計なことを言ったばっかりに…!!;;」

リヴァイ「……いや、いい」

ペトラ「…っ」

ペトラ(あああもうこんなはずじゃ…!;;)

リヴァイ「…ペトラ」

ペトラ「は、はい!」ビクッ

35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/06(金) 21:12:31 ID:hECmuG3Q
>>34
読んでいただきありがとうございます!
今日も少しずつ書いていきます

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 22:37:25 ID:IKlrqLOk

リヴァイ「明日、お前は非番だったな」

ペトラ「へっ?」

ペトラ「は、はい…そうですが……」ビクビク

リヴァイ「俺も丁度明日は非番だ。エレンの奴はハンジの実験でいないからな」

ペトラ「は、はぁ……」

リヴァイ「……街に出る。」

リヴァイ「花を買うから、お前も付き合え」

ペトラ「は、はい……」

ペトラ「………」

ペトラ「………はい?」



----------

36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/06(金) 21:13:30 ID:hECmuG3Q



ペトラ(うわああどうしよう…!!!)ドキドキ

ペトラ(兵長と二人きりで出かけるのなんて初めてだから……)チラッ

リヴァイ「?何だ」

ペトラ「いっ、いえ、なんでもありません…!」

ペトラ(か、顔まともに見られないよ…!!)ドキドキドキ


リヴァイ「――ペトラ」

ペトラ「はっはいぃ!」ビクッ

37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/06(金) 21:14:52 ID:hECmuG3Q

リヴァイ「着いたぞ」

ペトラ「へっ?」

リヴァイ「花屋だ」

店員「いらっしゃいませ~」

店員「あら、リヴァイさん!いつもありがとうございます」

リヴァイ「苗は入っているか」

店員「ええ、蕾のなってるのでしたらこちらですよ」

店員「今日は、奥様とご一緒ですか?」ニコッ

ペトラ「えっ!?いっいえそそそそんな…ち、違いますっ!」ブンブン

38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/06(金) 21:16:13 ID:hECmuG3Q

店員「あら、まだ結婚されてないのね。でもすごくお似合いよ」ニコニコ

ペトラ「えええええそ、そんなんじゃ…!////」カアアアア


ペトラ「す、すみません兵長私なんかと…;;」コソッ

リヴァイ「別にかまわねぇが」

ペトラ「えっ」

ペトラ(そ、それって……)

ペトラ(…どういう、意味ですか………)ドキドキ


ペトラ「………」

ペトラ(……本当に、そうなれたのなら……)

39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/06(金) 21:18:20 ID:hECmuG3Q

ペトラ(これ以上ないくらい幸せだろうけど………)ドキドキ

リヴァイ「おい、ペトラ」

ペトラ「はっ、はい!」ビクッ

リヴァイ「どれにすればいい?」

ペトラ「へっ?」

リヴァイ「…花だ。」

リヴァイ「どれが相応しいか、お前が選べ」

ペトラ「えっ、あ、はい!」

40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/06(金) 21:21:36 ID:hECmuG3Q


ペトラ「え、えーと……」

ペトラ「あ!これなんかいかがですか?」

ペトラ「これは、【あなたの幸せを願います】が花言葉です」

リヴァイ「ほう」

ペトラ「こちらのは【仲間】、そして【永遠の友情】です」

リヴァイ「…悪くねぇな」

ペトラ「で、では、これとこれにしましょうか」

リヴァイ「ああ」


------

41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/06(金) 21:23:07 ID:hECmuG3Q



ペトラ(はぁ~緊張した……)

ペトラ「……」

ペトラ(兵長って……やっぱりよくわからない人だな…)

ペトラ(涼しい顔で……かまわないって……)

ペトラ(一体どういう……)ジッ

ペトラ「?なに人の顔見てやがる」

ペトラ「へっ!?」ドキッ

ペトラ「いっ、いえ!な、なんでもありません…!!」アセアセ

42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/06(金) 21:25:09 ID:hECmuG3Q
>>41 間違えてペトラが一人で喋ってる感じになってしまいました
正しくは以下です




ペトラ(はぁ~緊張した……)

ペトラ「……」

ペトラ(兵長って……やっぱりよくわからない人だな…)

ペトラ(涼しい顔で……かまわないって……)

ペトラ(一体どういう……)ジッ

リヴァイ「?なに人の顔見てやがる」

ペトラ「へっ!?」ドキッ

ペトラ「いっ、いえ!な、なんでもありません…!!」アセアセ

43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/06(金) 21:26:28 ID:hECmuG3Q


ペトラ「…よ、よし!これで全部並べ終わりましたね」

リヴァイ「ああ」

ペトラ「花が咲くの、とっても楽しみです!」

リヴァイ「……10日くらいで咲くだろう」

ペトラ「10日…」

ペトラ「となると…次の、壁外調査の前…ですね」

リヴァイ「……そうだな」

ペトラ「……」

ペトラ「……あ、あの、兵長」

リヴァイ「なんだ」

44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/06(金) 21:29:26 ID:hECmuG3Q

ペトラ「わ、私も……その……」

ペトラ「水をあげにきて……よろしいでしょうか…?」

リヴァイ「……」

リヴァイ「……ああ。助かる」

ペトラ「あ、ありがとうございます…!」ペコッ

リヴァイ「………」

リヴァイ「……お前も、一緒に行くか?」

ペトラ「えっ?」

リヴァイ「その時期はバタついているだろうが…」

リヴァイ「これを、手向けに」

ペトラ「い、いいんですか!?」

ペトラ「は、はい、是非…!お伴させてください」


----------
-------
----

45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/06(金) 21:32:14 ID:hECmuG3Q



エレン「なんか、ペトラさん嬉しそうですね」

ペトラ「えへへ、そうかなぁ?」

ペトラ「先への楽しみがあるって、いいことよね♪」



兵長と恋仲になるなんて、
そんな贅沢なことまでは望まない。

けれど、
この想いを胸に、
この先もずっと生き残って
お傍にお仕えし続けたい。

そう願うことは、欲張りだろうか?



----------

49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/07(土) 12:07:44 ID:wliKrxNg


―10日後―


ペトラ「本当に…綺麗に咲きましたね」

ペトラ「間に合ってよかった……」

ペトラ「……きっと…」

ペトラ「死んでしまったみんなも………浮かばれるはずです」

リヴァイ「……だといいが」

ペトラ「………」

ペトラ「…えと、これをこの壁上から下に投げる感じでよいのでしょうか?」

リヴァイ「ああ、だがその前に…」

ペトラ「はい?」

リヴァイ「……これを、お前にやる」バサッ

ペトラ「えっ!?」

50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/07(土) 12:11:18 ID:wliKrxNg

ペトラ「こ…この花は……?」

リヴァイ「別で買ってきたものだ。苗から育てたものじゃねぇが…」

ペトラ「あ、あの…どうして……」

リヴァイ「?花というのは本来男が女にやるものだろう」

リヴァイ「水やりの礼だ。受け取れ」

ペトラ「あ…あ、ありがとうございます…!!」

ペトラ「………」


ドキン...


ドキン...

51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/07(土) 12:12:46 ID:wliKrxNg


ペトラ(兵長………)


ペトラ(これの花言葉は……【あなたを愛しています】、です……)

ペトラ(こんなことされたら……勘違いしてしまいます…)

リヴァイ「…気に入らなかったか?」

ペトラ「そ、そんなことありません…!!」

ペトラ「すごく…すごく嬉しいです…!」

リヴァイ「…そうか、じゃあ始めるぞ」

ペトラ「は、はい!」


嬉しくて、
嬉しくて、

この瞬間がいつまでも続けばいいのにと思ってしまう。

52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/07(土) 12:15:24 ID:wliKrxNg


ペトラ(…やっぱり私…後悔したくない……)

ペトラ(今、兵長にこの気持ちを……) グッ


リヴァイ「…また、一輪だ」

ペトラ「え?」

リヴァイ「…はじめは、部下が死んだ数だけだったが……、」

リヴァイ「……数えきれなくなった」

ペトラ「………」

リヴァイ「…だから、花が咲いては咲いた分だけ手向けに来る」

リヴァイ「死んだ奴らには…こんなことをしたところで、無意味だろうが……」

ペトラ「………」

53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/07(土) 12:16:40 ID:wliKrxNg

ペトラ(……ああ、だめだ)

言えるはず、ない。

見えない表情の裏で、
誰よりも深く悲しんでいるこの人に

ペトラ(私の気持ちが届くにせよ、届かないにせよ……)

これ以上、
別のものを背負わせるわけにはいかない。


ペトラ「………そんなこと、ありません」

リヴァイ「……」

ペトラ「…彼らの意志を、兵長が受け継ぐとおっしゃっていたように……」

ペトラ「…兵長の思いも、彼らに伝わっているはずです」

リヴァイ「………」

リヴァイ「…そうだろうか」

54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/07(土) 12:18:28 ID:wliKrxNg

リヴァイ「…明日は、壁外調査だな」

ペトラ「…そうですね」

リヴァイ「……また沢山の、仲間が死ぬな」

ペトラ「……そうですね」

リヴァイ「………」

ペトラ「………兵長、」

リヴァイ「なんだ」

ペトラ「…私が死んだら、何の花を供えてくださいますか」

リヴァイ「………」

55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/07(土) 12:19:51 ID:wliKrxNg


リヴァイ「……ペトラ、」

リヴァイ「…お前は死なねぇ」

ペトラ「もしも…もしもの話です」

リヴァイ「………」

リヴァイ「……言っただろう、花のことはよく知らねぇと」

ペトラ「…それじゃあ、適当に選ぶんですか?」

リヴァイ「………」

リヴァイ「……そうだな、」

リヴァイ「それなら………」



----------
-------
----

56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/07(土) 12:20:58 ID:wliKrxNg



ハンジ「…で、その時なんて言ったの?」

リヴァイ「………」

リヴァイ「お前に、一番似合う花を送る…と」

ハンジ「………ふーん」

ハンジ「…それでこの花か」

ハンジ「確かに、ペトラにピッタリだね」

リヴァイ「………ああ」

リヴァイ「この白は…あいつの赤毛に良く映えるだろう」

ハンジ「………」

57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/07(土) 12:22:02 ID:wliKrxNg


ハンジ「……花言葉は知ってる?」

リヴァイ「……いや」

リヴァイ「…てめぇは知ってるのか」

ハンジ「一応研究者だからね」

ハンジ「……【可愛い人】、という意味だよ」

ハンジ「そして…【悲しみ】という意味もある」

リヴァイ「………」

リヴァイ「そうか……」

58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/07(土) 12:23:28 ID:wliKrxNg



ハンジ「…で、そっちに置いてある花は?」

リヴァイ「…これは前に、あいつにやったものだ」

ハンジ「……」

ハンジ「それの意味は」

リヴァイ「知ってる」

ハンジ「……そう」

ハンジ「…じゃ、私はこれで失礼するよ」

リヴァイ「………ああ」

59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/07(土) 12:26:20 ID:wliKrxNg




リヴァイ「…………ペトラ、」

リヴァイ「この2つの花を……お前にやろう」


リヴァイ(どうか………)



どうか、 安らかに。





終わり

60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/07(土) 12:29:23 ID:wliKrxNg
以上です
ここまで目を通してくださった方、お付き合いいただきありがとうございました!

61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/07(土) 13:10:35 ID:83IQI1Rs
乙!
よかった

64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/07(土) 16:24:45 ID:IubYA0oE
>>1乙!

両思いなのに叶わないっていうのがズキンとくる…
すごく良かった!!

67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/07(土) 20:12:55 ID:dThqEAIE
乙!
やべえ… 泣きそう…

(転載元:http://.2ch.net/test/read.cgi/14562/1378301287/)
「ペトラ「花とポーカーフェイス」」